教会の優先課題:青少年司牧と高齢者への配慮
 
トップへ
教会の概要
キリスト教講座
宣教協力体
活動紹介
主任司祭
助任司祭
委員会
 



初めて教会へいらした方へ

ようこそカトリック下井草教会ホームページへおいでくださいました。
教会は、あなたを心から歓迎いたします。
このサイトでは、教会はどのようなところか、キリストの教えや聖書、
祈りなどについて、わかりやすくご紹介します。
日曜日の礼拝、「ミサ」にもどうぞおいでください。
教会に続けて通われるうちに、きっと心の糧とやすらぎを見いだすことでしょう。

 

誰でも教会に行ってよいですか
もちろん、遠慮なく教会へいらしてください。
生き甲斐や、神の救いを求めている方々の為に、教会の門はいつも開かれています。教会に来ている人々は皆、あなたのように正しい道を求めています。 教会は皆の為のものです。何故ならば、人間は皆、神の子であるからです。若い人も年配の人も、元気な人もそうでない人も、全ての人は皆、神の子なのです。
神は皆を愛しておられる方です。あなたも神から愛されています。 私達は、毎週、日曜になると教会に集まって、神を礼拝し、教えを聞くのです。
どうぞ、私達と一緒に神に祈り、教えを聞きに来て下さい。

教会を初めて訪ねた時は、どうしたらよいですか
教会の入り口に案内する人がいれば、「初めてです」とおっしゃってください。
親切に案内してもらえるでしょう。初めは何も分からなくてもいいのです。
少しずつ、分かるようになるでしょう。
まず、教会に入って、空いている席に着いてください。
教会には、式の途中であっても、どなたでも自由に入れます。
中に入ったら、まわりの人と同じようにすればいいのです。
人が座る時には自分も座り、立つ時には自分も立つというぐあいに。
何よりも、早いうちに、教会の神父に自己紹介をなさる事です。
親切に迎えてもらえます。

神父とは、どういう人ですか
神父さまは、教会の指導者、神の道を教える人です。ミサや他の礼拝を司式するので、「司祭」ともいわれます。皆の為に祈り、信者を導き、教えを説くのです。子供も大人も、どなたでも気楽に話し、いろいろな相談や悩みを打ち明ける事が出来ます。神父の住まいは、教会のそばにある「司祭館」です。自分の全てを神と教会に捧げていますので、カトリックの神父は結婚をしません。それは皆のお父さんになる為です。教会が大きければ、二人以上の司祭が仕事を分担しています。「主任司祭」の他に、「助任司祭」やその他の担当者がいます。また、イエスの教えを伝えるために、「宣教師として外国から派遣された神父もいます。難しい日本語を覚えて、人々の救いの為に命を捧げている人々です。 

神に何を祈ればよいのですか
「苦しい時の神だのみ」という言葉があります。もちろん、困った時に祈るのもよいでしょうが、祈りは、困った時だけのものではありません。あなたは、どうしてこの世に生きているかを考えた事があるでしょう。命、身体、毎日の糧、自然の恵み等は、全部、ただで頂いた物です。どなたから頂いたのですか。どなたがこれらを造られたのでしょうか。あなた自身やあなたが使用している物、全てが神の恵みです。祈る事は、まず「神に感謝する」事です。あなたが頂いた全ての恵みの為に、神に感謝して下さい。今ここにいること、健康である事、幸せである事を感謝して下さい。全ての物事に対して感謝の心を大事にする事は、古来より日本に伝わる精神文化です。また、祈る事は「神を賛美する」ことです。雄大な自然、小鳥、花、子供の素直さ等、全ての美しい物の中に、神の知恵と偉大さを感じ取って、神を賛美して下さい。さらに、祈る事は「神に許しを願う」事です。これほどの恵みを受けたにも関わらず、神を忘れたり、自分勝手に振舞ったりした事を思い出して、神にお詫びしましょう。最後に祈る事は、謙虚な気持ちで「神にお願いする」事です。あなたの悩みや必要な事を神にみ心に委ねてください。神は、私達の幸せを望んでおられる方なのです。神はどこにでもおられる方です。すなわち、祈る場所はどこでも結構です。でも、教会の静かな雰囲気の中ならば、さらに落ち着いて祈る事が出来るでしょう。平日でも、教会が開いている時は、ひとりで祈りに行ってもいいのです。神に祈る事によって、あなたの心は安らぎを見いだすでしょう。

教会の中を説明してください
教会は、私たちがともに神に祈り、教えを開く場所です。その為に、皆が一緒に集まれる広い場所となっています。入ってみると、正面に、教会の中心となる「祭壇」があります。式を司る司祭は、この祭壇で皆の祈りを神に捧げます。特に、教会の一番大事な祈りである「ミサ」を祭壇で捧げます。
祭壇のわきに「朗読台」があります。それは、聖書朗読や説教をするところです。また、祭壇に「十字架」 が飾られていて、信者はそれに向かって敬意を表します。イエスが皆の為に命を捧げられた事を思い出す為です。両側の壁には「十字架の道行」 の十四場面が飾られています。キリストのご受難と復活の黙想をする為です。キリスト信者は、ご受難とご復活の事をしばしば思い起こします。また、教会には、マリアや他の「聖人のご像」が飾られています。キリストにならい、模範的に神の教えを実行した人たちを思い出す為です。もちろん、この方々は神ではありません。また、教会の中に洗礼を授ける場所もあります。「洗礼」とは、キリストに従って生きようとする人の為の入信式です。よく準備した上で、自分から望む方々は洗礼を受ける事が出来ます。入口には水の入っている器があり、司祭の祈りで聖別された「聖水」 が入っています。教会に入る時、手の先を聖水に浸して「十字架のしるし」を切る習慣があります。これは、神から心を清めて頂きたいという気持ちを表す為です。私たちは、「教会」 の事を「聖堂」と呼ぶ事もあります。正しく言えば、本当の 「教会」は建物ではなく、文字通り、「教えの会」 です。教会建築の内部・外部の形は、教会から規定されていませんので、場所と時代によって、さまざまな様式の教会建築が見られます。

日曜日の礼拝、「ミサ」とは何ですか
ミサとは、カトリック教会で行う一番大事な祈りです。司祭が司式し、信者と共ににミサを捧げるのです。ミサの由来は、キリストの最後の晩餐、イエスが死を迎えようとされた時にさかのぼります。その時、十字架の死を覚悟しておられたイエスは、食事の途中、パンとぶどう酒の杯を取り、弟子に与えて、こう言われました。「これは、あなたがたの為に渡される、私の体である。これは、私の血である。私の記念としてこれを行いなさい」(ルカ22・19〜20参照)。 その時以来、教会はキリストが命じた通りに最後の晩餐の式を繰り返してきました。それによってキリストの十字架上の死と復活とを記念し、私達の救いの為に命を捧げられたキリストに、心を合わせるのです。この時、私達はキリストを記念する為に、その教えを開きます。すなわち、ミサの前半には「聖書」が読まれ、「説教」が行われるのです。日曜日に読まれる聖書の箇所は、原則として、「旧約聖書」から一箇所と、「新約聖書」からイエスの「使徒達の文書」と、「福音書」からのそれぞれ一箇所です。毎日曜日、どんな箇所が読まれるかは、全世界の教会の為に決まっています。その日の聖書朗読を印刷した物が準備されていますので、「聖書と典礼」というパンフレットをもらって下さい。教会の入口で「聖ミサの祈りの順序が書いてある小冊子もあります。歌われる聖歌は、教会に「典礼聖歌」や「カトリック聖歌集」等が備えてあります。ミサの途中、皆が立って祭壇に進み、「聖体」 である白いパンを頂きます。その時、教会によっては、洗礼を受けてない方の為に神父に神の祝福を祈ってもらう習慣もあります。お望みならば、列に並んで前に進み、頭を下げ、手を合わせたまま祝福を頂いて下さい。

神とは、どういう方ですか
神のことを知る為には、聖書の教えを読むのが一番よいでしょう。
たとえば、パウロというキリストの弟子は、次のように説明しています。
神は天地の主ですから、手で造った神殿などにはお住みになりません。
また、何か足りない事でもあるかのように、人の手によって仕えてもらう必要もありません。全ての人に命と息と、その他全ての物を与えて下さるのは、この神だからです。(中略) 彼らが探し求めさえすれば、神を見いだす事が出来るようにという事なのです。 
実際、神は私達一人一人から遠く離れてはおられません。
皆さんのうちのある詩人達も、『我らは神の中に生き、動き、存在する』 『我らもその子孫である」と、言っている通りです。私達は神の子孫なのですから、神である方を、人間の技や考えで造った金、銀、石等の像と同じ物と考えてはなりません−(使徒言行録17・24〜竿27〜29)
なお、イエスは、神が私たちを愛して下さる。天のおん父であると教えています。
イエスの弟子ヨハネも、神は愛であると言っている通りです。
天地創造/ミケランジェロ

イエスとは、どういう方ですか
イエスは、私達に神への道を教えてくださった方です。
およそ二千年前、イスラエルのベツレヘムで貧しい状態でお生まれになり、およそ三十歳で故郷を離れ、町や村をまわって人々に教えたり、不思議なわざを行ったりされましたが、そのわずか二、三年後の西暦三十年ごろ、十字架にかけられました。しかし、聖書が示すとおり、三日目に復活され、弟子たちに現れました。彼らに、全世界に教えを伝えるよう命じられたのち、神のもとへ戻られました。
イエスは、ご自分が旧約聖書で約束された 「メシア・キリスト」、世の救い主、また、天のおん父がこの世に遣わされた「神の子」であることを宣言されました。ご自分の教えを「福音」、すなわち「よい知らせ」と呼び、それに従って生きるならば、幸せになれると言われました。次のようにも教えておられます。

「隣人を自分のように愛しなさい」 (マルコ12・31)

「人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい」(ルカ6・31)

十字架のイエス/アンジ工リコ

マリアとは、どういう方ですか
マリアは、イエスの母です。イエスを産んで育てただけでなく、十字架につけられたイエスのもとに立つほどの勇気のある方でした。マリアは、救い主の母となるために、どんな人よりも神から恵みに満たされ、だれよりも、神とおん子イエスをお愛しになった方です。その為、教会の信仰の模範となり、私達はその生き方に習うようにしています。
私達は、マリアを尊敬し、神の前で取り次いで下さるように祈ります。
それで、教会や家庭ではマリアの肖像を飾ったりするのです。
なお、私達は、イエスに従うように努めた全ての人々をも尊敬します。
かれらが天国で神から愛され、永遠の幸せを得ていると信じるからです。
その中でも、特別に模範的な人々は教会で「聖人」と呼ばれ、私たちはその取り次ぎを願い、その姿を見習うように努めます。
日本の教会にも多くの聖人がいますが、その中で特に尊敬されているのは、日本に信仰をもたらした聖フランシスコ・ザビエルと、信仰のために長崎で殉教した二十六聖人です。

聖書とは、どういう本ですか
聖書とは、神が行われた救いの歴史と神の教えを伝える本です。
「旧約聖書」と「新約聖書」 に大きく分かれています。旧約聖書は、イエスが生まれる前に書かれたもので、四十六の文書からなつています。新約聖書は、イエスの生涯とその教えを伝えるもので、二十七の文書からなつています。
旧・新約聖書は、ともにキリスト教の「正典」、すなわち、正式な教えの本です。書かれた時代と文化圏が違うので、正しく理解するためにいくらかの準備と勉強が必要です。はじめて読まれる方には、イエスの教えを伝える四つの福音書をおすすめします。聖書に関しては、いくつもの日本語訳が出版されています。代表的な訳は、『聖書新共同訳』 (日本聖書協会)があります。バルバロ訳(講談社) やフランシスコ会訳(サンパウロ)、カトリックから出ているものには注解があります。私たちには大きな助けとなるでしょう。
また、聖書を分かりやすく紹介している本もありますので、はじめて聖書を読まれる方のような本を参考にしながら読むことをおすすめします。

カトリックとプロテスタントは違いますか
カトリックとプロテスタントは、ともにキリスト教です。聖書も同じです。けれども、聖書の解釈とそれぞれの教えには、多少の違いがあります。世界のキリスト教徒の半数強は、カトリック教会に属しています。カトリック教会は、教えも指導も世界中で一つとなつています。最高指導者は「バチカン」に住むローマ法王です。教会で「教皇」と呼びます。教会は「教区」に分かれていて、教区の責任者は「司教」です。日本には十六教区あります。なお、各教区の中に多数の小数区があります。プロテスタントは、十六世紀の宗教改革のとき、カトリックから分かれたものです。

現在、世界中で二万ほどの宗派に分かれ、日本だけでも数百の違う宗派があるそうです。最近、キリスト教の間で「キリスト教一致促進運動」がさかんになり、新共同訳聖書も出版されました。

なお、「モルモン教」、「エホバの証人(ものみの塔)」、「統一教会(原理運動)」などは、その教えからみてキリスト教とは言えないので、キリスト教とは区別してください。

修道院やシスターとは、どういうものですか
教会では、子供・病人・老人の世話、教育、宣教、研究等のいろいろな活動が行われています。
このような活動には何よりも献身的に働く志を持った人が望まれます。

教会の中に、こうした目的の為に働く有志の団体が、数多く生まれてきました。教会の認可を得たこれらの団体を「修道会」と呼び、事業に従事するものです。宣教、教育、福祉に一生をささげたい信徒は「修道者」となり「修道院」に住みます。女性の修道者を「シスター」と呼びます。
会によって服装は違いますが、修道会は、プロテスタントでいう宗派と違い、皆、同じカトリックです。日本には、多くのカトリック系のミッション・スクールや社会福祉事業がありますが、これらのほとんどは、教育修道会によって設立され、そのカで支えられています。
なお、世俗から離れ、修道院で祈りと仕事に従事して一生を過ごす修道会もあります。
たとえば、トラピストやカルメル会はそのようなものです。

家の宗教が違いますが、どうしたらよいのでしょうか
カトリック教会は、キリストの教えが正しいと固く信じていますが、他の宗教の教えが全部間違っているとは思っていません。教会は、他の宗教の中にある良い所を理解するように努力しています。
人間は、自分の間違いに気がつかないことがよくあります。
また、人間は弱いものですから、全てにおいて正しい人は、一人もいないでしょう。間違いはもちろん正すべきですが、人の善意と心を何よりも尊重すべきです。すなわち、教会は、それぞれが正しいと思う信仰に従う権利を尊重するようにすすめています。
カトリック信者も、お墓参りをし、先祖に対する感謝を大切にしています。
家の代々のお墓で死者の冥福を祈りますから、先祖がないがしろにされる心配はありません。
なお、洗礼を受けていない方でも、教会での結婚式が許される事がありますが、神の祝福を得る為、その前にふさわしい準備が必要とされます。

家でとなえる祈りがありますか
家でとなえる祈りがありますか神に祈りたい時には、心の中で神を思い浮かべて、自分の言葉で祈ればよいのです。日本の習慣に従って、手を合わせて祈れば、集中しやすくなるでしょう。教会でも、同じように手を合わせて祈る習慣があります。祈るとき、自分が一生懸命に取り組んでいる毎日の仕事を袖におささげしてもよいのです。よいことをしようとしているのならば、その行いが必ず神に喜ばれるからです。よいことをしようとする心は、神へのいちばんすばらしいささげものです。

また、祈る気持ちを助けるために、祈りのことばを覚えるのもよいことです。
教会では、特に皆がとなえる二つの祈りがあります。
一つは、イエスが教えてくださった祈りで、「主の祈り」といいます。もう一つは、聖書の受胎告ち知のことばからとった、「聖母マリアヘの祈り」 です。
他に、アシジの聖フランシスコ (1181〜1226年) の「平和を求める祈り」などもおすすめします。特に朝晩、神に一日をささげるためにこういう祈りを唱えることはとてもよいことです。なお、正しく生きるために、イエスの教えと「神の十戒」を思い出すのもよいでしょう。

主の祈り

天におられるわたしたちの父よ、
み名が聖とされますように。
み国が求ますように。
みこころが天に行われるとおり地にも行われますように。
わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えくだきい。
わたしたちの罪をおゆるしくだきい。わたしたちも人をゆるします。
わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いください。アーメン。

アヴェ・マリアの祈り

アヴェ・マリア、恵みに満ちた方
主はあなたとともにおられます。
あなたは女のうちで祝福され、
ご胎内の御子イエスも祝福されています。
神の母聖マリア
わたしたち罪人のために、
今も、死を迎える時も、お祈りください。
アーメン。

榮唱

栄唱 栄光は父と子と聖霊に。初めのように今もいつも世々に。アーメン。

平和を求める祈り

神よ、わたしをあなたの平和の道具にしてくだきい。
憎しみの為のあるところに、愛を
いさかいのあるところに、ゆるしを
分裂のあるところに、一致を
迷いのあるところに、信仰を
誤りのあるところに、真理を
絶望のあるところに、希望を
悲しみのあるところに、喜びを
闇のあるところに、光をもたらすことができますように
神よ、わたしに、慰められることよりも、慰めることを
理解されるよりも、理解することを
愛されるよりも、愛することを望ませてくだきい。
自分を捨てて初めて自分を見いだし、ゆるしてこそゆるされ、
死ぬことによってのみ、永遠のいのちによみがえることを
深く悟らせてください。

イエスの教えから

イエスは弟子たちに次のようにお教えになりました。
「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。(中略)
父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正し〈ない者にも雨を降らせてくだきるからである。(中略)
天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」
(マタイ5・44、45、48)

律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねました。
「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」イエスは言われた。
「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』(中略)
第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」
(マタイ22・36〜40)

神の十戒

第一 わたしは、あなたの主なる神である。わたしのほか、誰をも神としてはならない。
第二 あなたは、神の名をみだりに呼んではならない。
第三 あなたは、安息日を聖とせよ。
第四 あなたは、父母を敬いなさい。
第五 あなたは、殺してはならない。
第六 あなたは姦通してはならない。
第七 あなたは、盗んではならない。
第八 あなたは、偽証してはならない。
第九 あなたは、他人の妻に想いをかけてはならない。
第十 あなたは、他人のものをみだりに欲してはならない

神はあなたの善意をごらんになります

では、あなたが心の中に抱いている一つの疑問に答えましょう。
それは、「神は私たちのことをどう思っておられるのか」という疑問です。
袖は、私たちを愛しておられる「天のおん父」です。すべての人の救いを望んでおられる方です。
私たちの落ち度よりも、私たちの努力、私たちの「善意」を見ておられるのです。目に見えるあなたの行いの結果よりも、あなたの「善意」をごらんになります。善意とは、文字どおり「善いことを望む心」、正しいことに向かって、必要な限り、できる限り、知っている限り、正しいことを実行しようとすることなのです。

正しく生きようとする人なら誰でもこの善意を持ち、神のみ前で正しい人と言えます。しかし、人間は完全ではないので、一生懸命にやっていても、間違ってしまうことがあります。その場合でも、恐れることはありません。神は、行いの結果よりもあなたの心を見ておられます。
私たちの一生の課題は、善に励み、罪を悔やみ、いっそうの善意を育てることです。イエスの教えと神の恵みによって、あなたの善意がいっそう大きくなるでしょう。

他人の善意を認める努力をしましょう

私たちがいちばん傷つけられるのは、その善意が疑われるときです。確かに人間は弱いものです。たとえ、一生懸命に行っているつもりでいても、行いが間違っていることもあるし、考え方が間違っていることもあります。やはり、人の善意は完全なものではないのです。でも人の善意は、最高の宝、最後のよりどころです0善意までも疑えば、その人には生きる揚がなくなり、付き合うことも不可能になります。難しいときもありましょうが、神がなさるように、善意を認める努力をしましょう。世の中の悪は目にあまるときがあります。憎しみ、いじめ、権力争い、だまし・・・・。反面、目に見えない善意もたくさんあります。
また、私たち人間は、弱さ、疲れ、未熟さなどの理由から、弁解をしてしまうこともあります。他人に対して、責めるよりも、励ましと思いやりが必要でしょう。
「人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい」(ルカ6・31)というイエスのみ言葉を思い出しましょう。なお、相手の善意を認めれば、違う考え方や信仰の人に対しても寛大になることができるでしょう。実際に、神のみ前に大切なのは、人の考え方よりも人の救いなのです。神はあわれみによって、善意あるすべての人をお救いになると、教会は信じています。 

力トリックの教えを学ぶには

現代の私たちは、日々の忙しさに追われて、ゆっくりと考える余裕がありません。しかし、明るく生きるためには、いつか自分の生きる道を考える必要があるでしょう。そのため、教会では、希望者を対象にいろいろな研究会を開き、家庭、仕事、年齢の状況にあわせて、時間を設けています。場合によって、個人でも指導を受ける事ができるでしょう。神父さまにご相談ください。また、それぞれの教会には、さまざまなグループ活動や行事があります。たとえば、子供会、中・高生会、青年会、婦人会、福祉活動などがあります。

カトリックの教えを学ぶために、いろいろな「カトリック入門書」があります。巻末に紹介する本やDVDは、わかりやすい形で教会の教えと聖書の内容を説明しています。はじめてカトリックの教えに接する方でも、十分に理解できるものです。
神はあなたを愛し、あなたの心に呼びかけておられますから、寛大に応えてください。
力トリックの教えを学ぶには現代の私たちは、日々の忙しさに追われて、ゆっくりと考える余裕がありません。しかし、明るく生きるためには、いつか自分の生きる道を考える必要があるでしょう。

さらに詳しくお調べになりたいことがありましたら、右のリンク(バナー)をクリックしてください。