教会の優先課題:青少年司牧と高齢者への配慮
 
トップへ
教会の概要
キリスト教講座
宣教協力体
活動紹介
主任司祭
助任司祭
委員会
 

花嫁のブーケ
.




ヴァージン・ロード



イメージ画像
 



カトリック下井草教会で挙げる結婚式

お申し込みについて
カトリック教会では、一定の条件のもとで、一般の方の為にも結婚式を行なっています。多くの若いカップルが、結婚式の為にこの教会を選んでいます。

カトリック教会の結婚観

お二人が愛し合って自然に結婚へと向かっていきますが、聖書には「結婚は人間が決めたものではなく神が制定されたものだ」と記されています。(創世紀2.18〜25)

 主なる神はいわれた。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」
主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形造り、人のところへもって来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。
 主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人は眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造りあげれらた。主なる神が女を人のところへ連れてこられると、人はいった。
「ついに、これこそ
私の骨の骨
肉の肉。
これこそ、女(イシャー)と呼ぼう。
まさに、男(イシュ)から取られたものだから。」
こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。
人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。」



教会で結婚式を挙げる人々は、神の前で、生涯愛と忠実を尽くす事を互いに誓う事になります。当教会は初婚の方と、死別された方の挙式のみを承ります。なお、4回の結婚準備講座を受けることになっています。ご希望の方は受付でお問い合わせてください。 結婚生活の基礎作りですから、十分に時間をかけて二人で研究会のつもりで出席されることを望みます。

当教会での結婚式をあげる場合の条件
初婚の方/死別された方

上記の条件を満たし、必要な4回の結婚準備講座を受けた方にのみ、結婚式を挙げています。結婚準備講座を進めながら、教会事務へ下記事項を相談してください。本サイトではお申し込みになれません。まずもって、お電話をください。ご本人達が、教会事務所を訪問してから全ての準備が始まります。

教会事務所
前田 9:00〜18:00 毎週水曜日、年末年始・国民の祝日は休み
電話 03−3396−0305 FAX 03−3396−9039



結婚式を挙げる前の重要なお話し - Procedure -

1)教会の主任司祭に相談する
カトリック信者は、原則として自分の所属する教会で挙式します。まず、主任司祭に相談してください。最初に教会事務所にお話しを通して後、主任司祭に相談して頂きます。所属教会でない、他の教会での挙式を望む場合も所属する主任司祭に相談してください。そのうえでその手順の後に、挙式の場所、日時などを決めてください。ご自分の所属する教会がわからない場合は、自分の住んでいる地域の教会の主任司祭に相談してください。 カトリック信者でない方は、挙式を挙げたいと思う教会の主任司祭に相談してください。

2)必要な書類をそろえる
結婚式を申し込む際に、教会事務所の指示に従って「結婚申込書」などに必要なことがらを記入して教会事務所に提出してください。それ以外に挙式のために必要な書類は、カトリック信者であるか否か、挙式教会の所属であるか否かによって異なります。また外国籍の方の場合、民法上の結婚の際に必要な「結婚要件具備証明書」(在日大使館発行)などのコピーを提出していただくこともあります。

3)結婚講座を受ける
教会が責任をもって挙式をお引き受けするために、お二人が独身の身であることは当然ですが、より豊かな結婚生活のために、「結婚講座」に参加していただきます。
当教会での挙式は「4回の結婚準備講座」を受ける事を必定条件としていますので、必ず受講してください。

4)御二人でよく話し合ってください
お二人で結婚や信仰生活について、よく話し合ってください。お互いの性格についてはよく理解し合っていても、具体的に結婚後の生活習慣の違いを考えておくことが必要です。お二人の宗教が異なる場合には、信仰生活/生活習慣のあり方についても理解を深めることが大切です。また国際結婚の場合には、文化や生活習慣、家族観の相違などを、お二人だけでなく、家族の方々にも理解し尊重してもらうことが大切です。

5)再婚の場合は手続きが必要です
お二人のどちらかが再婚の場合は、主任司祭にそのことを「正直」に申し出て、お二人のこれからの結婚のために、教会が必要としている手続きをとるようにしてください。教会での手続きが終了する見通しが立たなければ、挙式をお引き受けすることはできません。


結婚は自由意思による男女の合意と誓約によって成り立ち、愛と忠実に根ざした永遠の絆で、神様がお二人を夫婦として結んでくださる厳粛なものです。 また、その生活は子どもの誕生と育成の場としての家庭を築くもので、人間社会の核として独自の使命を持っています。それゆえ、結婚式は単なる装飾や形式ではなく、神と人びとの前で二人の決意を表明して恵みと祝福を求める祈りであり、生涯にわたる絆を結ぶ神聖な誓いの儀式です。








 結婚式の形式は2種類あります 

以下の条件を参考にして、いずれの形式かご判断の目安にして下さい。
ごミサ形式の結婚式
(新郎・新婦双方が信者の場合に限る)
※ごミサ形式とは、新郎・新婦、その参列者(信者)がご聖体を拝領する事です。

結婚式
(新郎・新婦のいずれか、もしくは双方とも未信者の場合



日程 - Schedule -

日程についても率直に教会事務所へご相談ください。何月何日、午前/午後の式を指定する事が可能です。当日の予定と重ね、教会事務所がご相談いたします。ただし、申し込みの条件のサイトでご説明致しましたが「4回の婚準備講座」を受講する事を前提に、ご自分達のご希望する挙式日を逆算して下さい。まずは、教会事務所をお尋ねの上、ご希望日を仰って見て下さい。
ご一緒に考えましょう。



▲挙式が始まって、バージン・ロードを通って聖堂内祭壇へ向かう新郎・新婦。全ての準備は、この日の為に。


記念写真 - Photo -

当教会で専属の写真家をご紹介する事ができます。
挙式の進行を把握し、当教会の事を熟知した写真家が撮影します。
お二人のお写真は、台紙に貼った物を後日お送り致します。4種類の撮影が基本です。
・新郎/新婦
・新婦のみ
・親族、友人、恩人などの参列者との集合写真
・そのほか、挙式や披露宴のスナップ写真など


▲参列者のフラワーシャワーで祝福を受ける新郎・新婦


▲焼き増し、保管用にネガをプレゼント



控え室 - Anteroom -

ドンボスコ・ホール2階には、和室があります。
挙式の前のご準備にご使用いただけます。
六畳と八畳の二間は、襖で仕切りも出来ます。
コンセント、座布団、テレビ、冷暖房の設備を用意しております。
事前にご使用の意思をお申し出を下されば、予め空けておきます。

鏡台もどうぞ、ご自由にご利用ください。
鏡台のお部屋では新婦のヘアーメークや、ドレスのチェック。
スタイリストを呼ばれる方は、この部屋でご準備をされる方もいらっしゃいます。
仕切られた反対の部屋では、ご両家のご挨拶や新郎・新婦はもちろんの事、ご親族などの身支度にご利用する事ができます。

挙式を申し込まれた方のほとんどは、この部屋をご利用されます。
お年寄りのご親族などが、挙式までの時間を過ごされるのにも最適です。

挙式の開始時にはセキュリティーの為にも、鍵をお掛けしての退室をお願いいたします。
式の最中は、ご親族のどなたかがその鍵を保管していただきます。
貴重品の紛失には、当教会は一切の責任を負いませんので、予めご承知置きください。

なお、貴重品などは事前に教会事務所へお預けください。

挙式の時間が近づけば、合図に伺います。
いよいよ挙式直前・・・。
高鳴るお気持ちを落ち着かせてくれるお部屋です。


▲鏡台などもご自由にお使いください。スタイリスト、ヘアーメークなどにお願いした場合も、このお部屋をご使用頂きます。挙式前の心の準備。どうぞご利用下さい。


▲鏡台のお部屋の隣には、仕切られた和室があります。
ご親族の方々の待機に、関係者の打ち合わせにと用途はご自由です。コンセント、座布団、テレビ、冷暖房完備。落ち着いた雰囲気でご利用頂けます。




披露宴会場 - Reception room -

司祭館の1階には、ドンボスコ・ホールがあります。ここで、結婚披露宴の催しができます。設備は、グランドピアノ・音響設備・テレビモニターなどが用意されています。来賓者にピアノが弾ける方がいらっしゃる時に、演奏されるケースもあります。テレビモニターは、各種映像の表示にもご利用できます。新郎新婦の幼少の頃、思い出の写真などもこのモニターを使って、映し出す事ができます。 感動の演出にご利用ください。

披露宴の司式を進行する、司会者用のマイクテーブルもご用意。
事前の打ち合わせに、このマイクテーブルもご指定ください。



グランド・ピアノ


テレビモニター


司会者用マイクセット

 ※モニター映像の表示操作、司会などは挙式者の手配になります。

聖堂脇の中庭を使っての、ガーデン・パーティーも可能です。緑豊かな中庭で、銀杏の大輪に飾りつけ。お年寄りには、イスもご用意できます。新郎・新婦が来賓客にご挨拶して歩く光景も微笑ましいものです。立食での飲食はもちろん、専用の台座(貸出し)でのケーキカット、来賓挨拶、ご両親への感謝の花束などのセレモニーも十分可能です。急な天候の変化などで、ホールに切り替えられますので、ご心配はいりません。






▲ドン・ボスコホールで披露宴。雛壇を正面に、新郎新婦が着席します。



▲お料理などのケータリングは、挙式者の希望業者も承っております。※写真はこけし屋さんです。



▲約150名が収容できるドンボスコ・ホール




聖歌隊 - Choir -

当教会には、挙式の時に聖歌を歌う方がいます。
専門家の指導のもと、きちんと練習を積んだ人が歌います。
彼らの美しい歌声と演奏によって、結婚式に花を添えます。

特に、 結婚証明書の署名の時にソプラノ歌手によって歌われる「アベ・マリア」は、カトリック信者ではない「来賓・参列者」も、みなさん感激して帰路に着かれます。

イタリアから直輸入されたパイプオルガンが、優秀なオルガニストによる演奏で、式を一層盛り立てます。

是非、一度お電話でご確認の上、他の挙式のときにご見学にいらしてください。きっとあなたも、感激して帰られるでしょう・・・




▲婚姻証明書に署名するシーンは挙式のクライマックス。「アベ・マリア」がソプラノ歌手によって歌われます。


▲毎日曜の礼拝でも歌っている聖歌隊の方々


▲婚姻証明書の署名に歌われる「アベ・マリア」を熱唱するソプラノ歌手。

お電話で受け付けています。TEL:03−3396−0305
担当/前田 9:00〜18:00
毎週水曜日、年末年始・国民の祝日は休み


主任司祭から大切なお願い

聖堂内は神聖な場所です。 ミサ中はもちろん、静かに祈っている方の為にも、聖堂内では携帯電話の 設定をを必ず、「マナーモードか電源を切る」にお願いいたします。お願いを聞いて頂けない場合、ご退堂頂く事があります。