教会の優先課題:青少年司牧と高齢者への配慮
 
トップへ
教会の概要
キリスト教講座
宣教協力体
活動紹介
主任司祭
助任司祭
委員会
 

 

愛される事よりも、愛する事を・・・

カトリック下井草教会で挙げる結婚式



カトリック教会では、一定の条件のもとで、一般の方の為にも結婚式を行なっています。多くの若いカップルが、結婚式の為にこの教会を選んでいます。

カトリック教会の結婚観
お二人が愛し合って自然に結婚へと向かっていきますが、聖書には「結婚は人間が決めたものではなく神が制定されたものだ」と記されています。(創世紀2.18〜25)

当教会での結婚式をあげる場合の条件
1.初婚の方 2.死別された方

上記の条件を満たし、必要な4回の結婚準備講座を受けた方にのみ、結婚式を挙げています。結婚準備講座を進めながら、教会事務へ下記事項を相談してください。
本サイトではお申し込みになれません。
お二人が、教会事務所を訪問してから全ての準備が始まります。







Step1
まずは、教会事務所へお電話ください。 
時間 9:00〜18:00 
電話 03−3396−0305 
教会事務所:前田(毎週水曜日、年末年始・国民の祝日は休み)
Step2
教会事務所まで、お二人でお尋ねください。
@挙式までのスケジュール、A日取りについて、式のリハーサル、B披露宴について、教会事務所とお打合せ致します。
この段階で、式についてのご要望などを率直にご相談ください。
Step3
4回の結婚準備講座のスケジュールと実施

結婚準備講座について(必須)
ご結婚される男女お二人には、互いに犠牲を捧げる事なしに、生活が続く事はありえません。
結婚生活の基礎作りですから、十分に時間をかけて二人で研究会のつもりで出席なさってください。
Step4

Step1-3が終了しました。
これで証人の立ち合いの下、大切なご招待者に祝福されての結婚式がはじまります。


当教会には、挙式の時に聖歌を歌う方がいます。専門家の指導のもと、きちんと練習を積んだ人が歌います。
彼らの美しい歌声と演奏によって、結婚式に花を添えます。

特に、 結婚証明書の署名の時にソプラノ歌手によって歌われる「アベ・マリア」は、カトリック信者ではない「来賓・参列者」も、みなさん感激して帰路に着かれます。
イタリアから直輸入されたパイプオルガンが、優秀なオルガニストによる演奏で、式を一層盛り立てます。
是非、一度お電話でご確認の上、他の挙式のときにご見学にいらしてください。
きっとあなたも、感激して帰られるでしょう・・・


イタリア製のパイプオルガン

聖歌隊の皆さん
式のクライマックス、署名では「アベマリア」の独唱



写真は、聖堂脇の中庭を使ってのガーデン・パーティーの様子です。緑豊かな中庭で、美しく飾りつけも出来ます。
お年寄りには、イスもご用意できます。新郎・新婦が来賓客にご挨拶して歩く光景も微笑ましいものです。
立食での飲食はもちろん、専用の台座(貸出し)でのケーキカット、来賓挨拶、ご両親への感謝の花束などのセレモニーも十分可能です。

急な天候の変化などで、ホールに切り替えられますので、ご心配はいりません。






大切なご来賓の皆さまにご挨拶
ご来賓の方々に囲まれて、ケーキカット
森の中と錯覚しそうな木々の下で、爽やかなご披露宴

主任司祭から大切なお願い

聖堂内は神聖な場所です。ミサ中はもちろん、静かに祈っている方の為にも、聖堂内では携帯電話の設定を「必ず、マナーモードか電源を切る」にお願いいたします。