教会の優先課題:青少年司牧と高齢者への配慮
 
トップへ
教会の概要
キリスト教講座
宣教協力体
活動紹介
主任司祭
助任司祭
委員会
 

宣教協力体


「豊多摩南宣教協力体」とは?

 カトリック東京大司教区には全部で、78の小教区があります。小教区とは、信徒一人ひとりが所属する単位共同体で、通常の教会生活はこの小教区ごとに営まれていますが、同時につねに、近隣の小教区との提携や連絡・協力が必要とされています。このような小教区を超えた協力関係を恒常化させるために、2003年4月にスタートとしたのが「宣教協力体」と呼ばれるものです。東京都と千葉県のカトリック教会を管轄する東京大弓教区には、全部で22の宣教協力体があり、西武新宿線沿線の下井草・関町・徳田の3つの小教区からなるこの協力体が「豊多摩南宣教協力体」といいます。


どのような活動をしているか?

 豊多厚南宣教協力体では、その発足より原則として隔月に一度「宣教協力体協議会」を開催しています。3教会の司祭、教会委員会代表がどこか一つの教会に集い、それぞれの教会の活動内容を報告し、また共通の課題を探り、検討し、各教会間で協力できることを一緒に考えます。
 これまで協力活動には、たとえば平和旬間における三教会合同の平和祈願ミサ、各教会で開かれる黙想会での協力(相互案内やーつの教会の司祭が他の教会の黙想を指導するなど)、夏季キャンプの合同開催、教会学校間の交流、―教会の求めに応じての他の教会の支援協力などがあります。協力体協議会がつねに窓口となり、互いに刺激し合いながら、このような交流や協力を進めています。


よく知り合おう 豊かな福音宣教のために!

 私たちは一つの小教区に所属するだけではなく、このような協力体のつながりを通して教会の豊かさにより広く触れることができます。ともに祈りと学びと交わりを深めるために、各教会の広報メディアも活用しつつ、互いを訪れ、さまざまな活動に参加し合い、この地域における福音宣教の発展を目指しましょう。
 

カトリック徳田教会

聖ビンセンシオ・ア・パウロ
 【沿 革】カトリック徳田教会
 創設は1953年7月19日。徳田教会の沿革で忘れられないのはヨゼフ・フロジャク師(パリ外国宣教会)のことです。師は1927年頃から、中野区江古田にあった当時の東京市結核療養所の患者訪問を始められました。1930年、退院を強いられ、行き場のない患者のために一軒の家を借りて「ベタニアの家」を開設されました。この家が慈生会の始まりで、現在の徳田教会の礎です。同じ敷地内にベタニア修道女会と社会福祉法人慈生会傘下のベタニアホーム(特養ホーム)、徳田保育園、ナザレト乳児院の諸施設があります。近<には大阪聖ヨゼフ宣教修道女会 豊玉修道院もあります。
 徳田教会の在籍信徒の大半は中野区と練馬区の居住者で、教会の運営は月例の教会委員会を中心に行われています。典礼、財務、広報の各委員会、一粒会、教会学校、聖歌隊などの活動があります。高齢や病気のために教会に来られない信徒のための「訪問会」や野宿者支援のための「おにぎり乍り」は徳田教会独自の活動として定着しています 。



カトリック関町教会

幼きイエスの聖テレジア
 【沿 革】カトリック徳田教会
 カトリック関町教会は、1940年、東京公教会神学校内に天主公教会武蔵関教会として設立されましたが、やがて1957年、ドイツ・ケルン教区の援助によって現在地に新設。幼きイエスの聖テレジアを守護の聖人として献堂されました。以後、9代の主任司祭の司牧を頂き、2000年には田無教会信徒400名と合流して、現信徒数約1000名を数え、2007年5月には献堂50周年を祝いました。 2008年8月には待望の新信徒会館が完成し、教会は装いを一新しました。教会委員会が統括する年間行事のほか、平日での各種ボランティアグループ、ロザリオ会などの会も活発です。
 2009年からは新たに発足した日本カトリック神学院の初年度生養成への協力小教区となり、神学生との交流も重要な任務となり、教会学校・中高生会とともに
 「大人の教会学校」を目指す信徒生涯養成プロジェクトも多彩な企画とともに進行中です。



カトリック下井草教会

扶幼者聖母マリア
 【沿 革】カトリック徳田教会
 創設は1946年。東京教区18番目の教会として認可され、1956年10月21日、「扶助者聖母マリア」に捧げられたネオロマネスク風の聖堂が完成。大小3つのアンジェラス鐘をはじめ、大理石の中央祭壇、ルルドの聖母像、ステンドグラス、パイプオルガンなど多<のものが初代主任司祭マンテガッツア師の生まれ故郷イタリアのカルダノから贈られました。
 現在の信徒数は約2300名で、その多<は西武新宿線・池袋線沿線に住んでいます。教会活動は、サレジオ会の創設者、聖ヨハネ・ボスコの精神に倣い、青少年司牧に力を入れています。具体的には教会学校部として、小学生のための日曜学校と、中高生のためのアネモス会が毎週活発に活動しています。また同時に、高齢者にもやさしい家族的な雰囲気を大切にした教会行事と、一方では外に向かうボランティアと宣教活動にも力を注いでいます。